BIM +プレハブ建築は、中国の建設業界の急速な発展を促進します

ビルディングインフォメーションモデリングのためのBIM、あらゆる種類のデータ、情報の建設プロジェクトに基づいたモデルの作成、およびデジタル情報を介したビルディングの実際の実際の仮想シミュレーション、レンダリング、および3 dモデルは、データベース、視覚化、シミュレーションです。 、調整と最適化は、理解することができます。この概念は、1975年にジョージア工科大学の建築とコンピューティングのチャックイーストマン博士によって最初に開発されました。このコンセプトは十分な注目を集めていません。2002年まで、オートデスクは正式にBIMの概念を提唱し、その後、BIMテクノロジーは先進国のあらゆる種類の建設プロジェクトで広く使用されるようになりました。

China introduced BIM technology in 2002, but its development was slow. Until last year, the ministry of housing and urban-rural development issued the “13th five-year” informatization development outline of the construction industry, which mentioned the application of BIM technology for many times, and many cities introduced BIM related policies, the application of BIM technology has been widely promoted nationwide. With the strategic goal of vigorously promoting prefab building in the future development of the construction industry put forward by the state, the prefab building in China has a very good development situation, which is a rare opportunity and an inevitable choice. At the same time, it also needs the close cooperation of BIM technology to accelerate the development of prefab building. BIM+ prefabricated building is also concerned in this context. Let’s take a look at the awesome aspects of BIM+ prefabricated building.

アセンブリ-モジュラーBIM設計

プレハブ設計フェーズでは、日本で最も初期のアプリケーションである日本では、建築図面の研究所を設計するときに、コンポーネントのタイプを考慮することに加えて、このステップの設計にPCファクトリ処理コンポーネントのグラフを直接作成します。あまり良くない、いわゆる「モジュール」は、将来の吊り上げポイントのシーンへの機械的生産、モジュール間の接続方法、接続ポイントの安全性能と防水性能なども考慮する必要があります。

組み立て–BIMモデルコンポーネントの生産

The production link of factory is a special link in the construction of prefabricated building, and it is also the stage when the component changes from the design information to the entity. In order to realize automatic production of prefabricated components, the information automatic processing technology integrating information processing (CAM) and MES technology can directly import BIM design information into the central control system of the factory and convert it into production data information that can be read by mechanical equipment.

Assembly — on-site assembly of BIM components

フィールドアセンブリ段階は、プレハブ建築のライフサイクル全体で何もないところからエンティティを開発するプロセスです。EPCプロジェクトの一般契約モードでは、進捗計画をメインライン、BIMモデルをキャリアとして、BIMベースのコアバリューの共有とコラボレーションにより、現場の組立情報と工場生産情報の設計情報を共有および統合します。 、プロジェクトスケジュール、建設計画、品質、安全性、その他の側面のデジタル、詳細、視覚的な管理を実現します。

BIMテクノロジーとプレハブの建物の組み合わせは、プロジェクトのライフサイクル全体で重要な役割を果たすことができます。これは、サイトの細かい管理、サイクルの短縮、コストの節約、品質の確保、プロジェクトのレベルの向上に役立ちます。管理。BIM技術とプレハブ建築は間違いなく中国の将来の建設業界の発展に貢献するでしょう。